大切なペットの健康を守るために

何が起こるか分からない

毎日高級な食事を与え、散歩して運動しているので病気とは無縁だと思っていても病魔は突然襲ってくるものです。それは人間もペットも同じで、完璧な生活をしているつもりでも遺伝が原因の病気もあるので何が起こるか分からないのです。しかもペットの場合は言語によるコミュニケーションができないので、病気が発覚した時は症状が重くなっていることもあります。
当然、症状が悪いほど医療費がかかってしまいます。ペットの健康も大切ですが、人間家族の暮らしもあるのでお金を存分に出せるかどうかは分かりません。もしお金を出すことができずにきちんとした治療ができなかった場合は、飼い主として責任を感じざるを得ません。慢心することなく、常に病気の可能性を考えておきたいです。

病気以外のトラブルも

ペット保険というのは、人間の保険と同じように病気に対するお金の手助けがメインです。しかし、それだけでなくあらゆるトラブルの賠償も含まれています。その範囲は会社や契約内容によって様々ですが、例えば愛犬が隣人の私物を破壊してしまったり噛みついて大怪我をさせてしまった時に保険会社がサポートしてくれます。
簡単な怪我などであれば不幸中の幸いですが、超大型犬が体の弱い高齢者や子どもを襲ってしまった場合は死亡事故に繋がることもあります。当然怪我と死亡では賠償額に雲泥の差が生じます。きちんとしつけをしていると言っても、動物には発情期など攻撃的になる時期があるので油断は禁物です。総合的に考えると、ペット保険はあらゆる危険から我々を守ってくれます。