種類が豊富なペット保険

後日まとめて申請する方式は割安

ペット保険に参入する事業者が増えたことから、様々な保険料と保障が受けられるようになっています。ペット保険を利用する際には、医療保障を重視する飼い主が多いものの、保障割合が50%と70%タイプが一般的です。しかし、保障額を90%と引き上げているペット保険も登場しているので、違いを理解しておくと良いでしょう。
動物病院の窓口で一旦普通に医療費を支払い、領収証をまとめて保険金請求書類に記載して保険会社に請求すると、審査の後に指定口座へ補償額が振り込まれる仕組みがあります。自分で申請する代わりに、保険料の割に補償額を大きく受けられるので、免責事項に注意して加入すれば最も得な方法です。事務手続きや約款の把握が面倒で無ければ、積極的に利用すると良いでしょう。

窓口で自己負担分のみ納めるタイプは便利

動物病院と提携しているペット保険の中には、保険証を窓口で提示すれば自己負担分のみを窓口で支払えば、保険金請求は動物病院側に任せることが出来るタイプがあります。大手ペット保険の一部で行われている方式で、動物病院ごとに対応しているペット保険が異なります。
窓口で全額支払いをせずに済むので、急な病気やケガの発生時に助かりますが、かかりつけ医により対応可能なペット保険を調べておく必要があります。動物病院にとっても、提携しているペット保険の加入を利用者に勧められるので、代理店としての報酬も期待出来ます。複数のペット保険に対応している動物病院をかかりつけ医としておけば、将来のペット保険乗り換え時にも安心出来るでしょう。